安⼼して任せられるオンライン家庭教師おすすめガイド » オンライン家庭教師とは? » オンライン家庭教師はやりにくい?

オンライン家庭教師はやりにくい?

オンライン家庭教師は対面で学習を進める通常の家庭教師と異なり、画面越し・PC越しになるためやりにくいというイメージを持つ方は少なくないでしょう。しかし「オンライン授業のアンケート調査」において「講師とのコミュニケーションはとりやすいですか?」という質問に対し、40%が「オンラインの方がいい」、51.4%が「対面とほぼ変わらない」回答しており、実に91.5%もの生徒がやりにくさを感じていない現状があります。ただし、この調査は大学受験をに向けて学習をしている生徒が対象のアンケート調査ですので、子供の場合には直接表情が見える方がいい場合もあるでしょう。

参照:PR TIMES/2019年2月21日記事:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000047.000031835.html

オンライン家庭教師のデメリット

緊張感が少ない

オンライン家庭教師の場合、画面越しの授業となるため、生徒は緊張感を保つのが難しいというデメリットがあります。オンライン環境に不慣れな状態だと相づちに迷う・タイムラグが気になるなど集中できないケースも。もちろん講師側からフォローを行ってくれるので、徐々に慣れてはくるでしょう。

緊張感は講師によっても大きく影響されるため、相性の良い講師に出会うことで良い緊張感が増し、授業に集中しやすくなります。

仲間からの刺激がない

学校や塾だと周囲に自分と同じように勉強に励んでいる仲間がいるので、励まし合い刺激を受けながら授業が受けられます。切磋琢磨できる環境によって、モチベーションも維持しやすくなると言ったメリットがあるでしょう。 しかしオンライン家庭教師だと1人で頑張るしかないので、どうしてもモチベーションが上がらないということも。しかし集団の中だと周囲の雑音で集中できない子どもなら、黙々と勉強できるのでオンライン家庭教師は向いています。また講師を独り占めできるため質問もしやすく、オーダーメイドで学習ができるなどの点も特徴のひとつです。

対面よりお子さんの様子を把握してもらいにくい

オンライン家庭教師だとカメラ越しの情報しか講師には伝わりません。対面であれば生徒の様子を表情・服装・持ち物・声のトーンなど多彩な情報からチェックすることが可能です。そのため僅かな変化でも気がつきやすいというメリットがあります。

もちろんオンラインであっても生徒に声をかけながら様子をうかがい、生徒の変化に気がつくように配慮しているでしょう。対面よりも子どもの様子が分かりにくいというデメリットはありますが、カメラ越しでも細部までチェックしていれば分かる事も多くあります。

ネット環境の準備が必要

オンライン家庭教師を受けるのであれば、必ずインターネット回線・パソコンなどの設備は必要となります。もちろん自宅に設備があれば、そのまま活用することも可能です。ただ全てを準備するとなると、初期費用は大きな負担となりかねません。オンライン家庭教師によってはサポート体制が充実している場合もあるので、不安な方はサポート体制が整っているオンライン家庭教師を選ぶと良いでしょう。

保護者のサポートが必要になる

オンライン家庭教師の中には授業だけを提供しているケースや、学習計画・宿題などを作成して管理するなどトータルサポートを提供しているケースもあります。オンライン家庭教師はとくに自主性が大切になってくるので、すべて子ども任せにしていると学習が滞ってしまうケースも。そのため保護者によるサポートは欠かすことが出来ません。仕事などで忙しいなどの理由で学習サポートが難しいのであれば、トータルでサポートしてくれるオンライン家庭教師が向いています。

オンライン家庭教師のメリット

子どもに合わせて進めてもらえる

オンライン家庭教師は、生徒一人ひとりに学習レベルが合わせられるという点がメリットです。基本的にマンツーマンで指導されており、解説・質問も生徒の理解度などに合わせられます。常に講師が見てくれているので、自分では発見しにくいミスも指摘してもらいやすいでしょう。学校・塾などでは周囲の目線が気になり質問がしにくいという方でも、オンライン家庭教師なら積極的に質問がしやすくなっています。

相性の良い先生に教えてもらえる

オンライン家庭教師は、日本全国の登録講師の中から希望条件にマッチした相性の良い講師を選べます。対面であれば居住エリアに対応している講師しか選べませんが、たとえば東大出身などの条件出会ってもマッチしやすいでしょう。もし利用してみてイマイチだと思えば、簡単に変更できるのもオンライン家庭教師の魅力と言えます。相性の良い講師であれば、学習へのモチベーションもアップしやすく、効率的に成績アップも図れるでしょう。

費用を抑えられる

またオンライン家庭教師のメリットは、費用の安さです。塾などの場合、校舎の維持費・管理費などが発生するため、オンライン家庭教師よりも割高になりがち。非常にシンプルな体制となっているので、余計な費用が発生せずにリーズナブルな価格に抑えられています。わざわざ校舎まで足を運ぶ必要もないので、交通費などもかかりません。費用体制はオンライン家庭教師によって変わるため、前もって費用面は確認しておきましょう。

細かな配慮が不要

もし家庭教師を利用する場合、自宅の掃除やお茶出しなどで配慮しなければならない点も多いでしょう。配慮は必要ないと言われても、本当かどうか勘ぐってしまうものです。オンライン家庭教師であれば自宅に講師が来ることはないため、とくに細かな配慮は必要ありません。画面上に移る場所だけを片付ければいいので、とくに散らかっていても心配無いでしょう。そういった点では保護者の心理的負担は大幅に軽減できます。

子どもの様子を確認できる

オンライン家庭教師なら授業の風景を保護者も確認できるという点です。自宅でオンライン学習を受けているので、授業の様子を気軽にチェック出来ます。もちろん子どもの集中力に影響をきたしてしまうのはマイナスなため、子どもに確認したうえで授業を見るようにしましょう。オンライン学習後には子どもとのコミュニケーションの材料にもなるなど、保護者にとっては大きなメリットとなります。

オンライン家庭教師がやりにくいと感じる理由

子供の様子が見にくい

オンライン家庭教師の場合、パソコンのカメラから子供の様子を映し出すため、教師側からは画面に映る範囲しか把握することができません。そのため、問題を解いている生徒の手元が見えずどこでつまずいているのかが一目見るだけでは分かりません。対面の授業であれば子供が問題を解く手元が見えるので「手が止まる場所」でつまずいていることがわかりますが、オンラインではその様子が掴みづらいためどこが分かっていないのかを把握するのに手間取ることがあります。

板書が見にくい

教師が生徒に対して問題の解き方などを説明する場合、ノートなどに直接書いて説明することが多いですが、オンライン家庭教師の場合はそういった対応ができません。画面越しに書いたノートを見せたり、画面上に書き込んで説明するとなるとスペース的な都合や見づらいといった理由からスムーズに学習が進まない可能性があります。さらに画面上の限られたスペースで見せたいものを見える大きさで表示すると、狭くなってしまいやりづらく感じてしまうでしょう。

教材の共有が難しい

対面で授業を行う場合、一つの教材を直接指さすなどして「ここ」と伝えることができますが、オンラインの場合はそれぞれの手元教材やデータを見ることになるため、的確に見て欲しい場所が指示できない可能性があります。さらに、事前に準備していなかった教材や宿題・プリントなどがある場合、基本的には画面越しに見せる形で共有するほかありませんので、さらにやりにくく感じてしまうでしょう。

オンライン家庭教師でよくあるトラブルと対処法

機材のトラブル

マイクなどの機器回り

オンラインで授業を行う場合は通信環境を整える必要がありますが、この通信環境が悪いとスムーズなやりとりができなくなってしまいます。会話においてもタイムラグが発生したり声がぶつ切りに聞こえたり、音声が悪くて聞きづらいなどさまざまなトラブルが起こり得ます。通信環境を整えることと、適正な機材を用意する必要があります。

回線速度

回線速度に問題がある場合も、スムーズに授業を進められなくなる可能性があります。先に挙げたような音声環境はもちろんですが、カメラの映像が停止したりすることもあります。さらに場合によっては接続が切れてしまい再接続をしなければならないといったトラブルも起こり得ますので、安定した通信環境と相応のスペックを持つPCを用意するようにしましょう。

PC/アプリケーションの設定

リモートのアプリが開けない、画面が映らない、音声が出ないなどといったトラブルも、オンライン家庭教師にはつきものでしょう。前述のようなトラブルの場合には明確な対処法があるのですが、PCやアプリの設定を変えなければならない場合には手間取ってしまうかもしれません。しっかりと事前にPCの設定やアプリの使い方を保護者の方と理解しておくことで、こういったトラブルは減らせるでしょう。

授業のトラブル

子供がさぼろうとする

授業の進め方やシステムによっては多くの子供に効果的なオンライン家庭教師ですが、集中力ややる気が少なくすぐさぼろうとしてしまうような子供には向いていないと言われています。対面に比べると「まじめにやっているかどうか」が分かりづらいため、集中しているのかさぼっているのかを認識してケアすることが難しいです。

子供がPCを操作できない

今は家庭に1台PCがあるのが普通と言ってもいいくらいの時代ですが、PCに慣れていない子供の場合はうまく操作できない可能性があります。勉強をするためにオンライン家庭教師を付けているはずなのに、なかなか勉強に集中できずもったいない時間が過ぎてしまうリスクもあります。

慣れれば便利なオンライン家庭教師

ここまでに説明した通り、オンライン家庭教師には「やりにくい点」「トラブル事例」などがいくつかあります。しかし中にはしっかりと子供をケアして授業をしてくれるオンライン家庭教師もありますので、それらのメリットも踏まえて考えましょう。

安心して子供を任せられる
【目的別】おすすめの
オンライン家庭教師3選

安⼼して⼦供を任せられる
⽬的別オンライン家庭教師3選

手元カメラの用意があり、チャットフォローもしてくれるオンライン家庭教師をピックアップ。各サービスの特徴、カメラレンタル料などをまとめました。
※カメラレンタル料は、すべて月額です。

無理なく習慣化させて
進んで勉強させたい!
こんなご家庭におすすめ
  • 主体的に勉強に取り組んで欲しい
  • 毎日の積み重ねで成績を上げたい
家庭教師の銀河
家庭教師の銀河

引用元:家庭教師の銀河(https://well-stone.info/)

強み
先生からの連絡で進捗確認をしてもらえる
分からないところはいつでも質問が可能
カメラレンタル料
無料*
無料体験
あり
1hあたりの授業料
2,750円~

電話で問合せる

成績を維持しながら
進路の相談もしたい!
こんなご家庭におすすめ
  • 部活と勉強を両立させてあげたい
  • 資格も並行して取らせたい
メガスタ
メガスタ

引用元:メガスタ(https://www.online-mega.com/chuugaku/)

強み
内申点対策にも対応
英検・漢検もフォロー
カメラレンタル料
1,078
無料体験
なし
1hあたりの授業料
4,092円~

電話で問合せる

学校よりもハイレベルな
授業を受けさせたい!
こんなご家庭におすすめ
  • 難関校の受験対策も考えている
  • 信頼できる講師を選びたい
マナリンク
マナリンク

引用元:マナリンク(https://manalink.jp/)

強み
科目に特化した社会人講師
プロの先生が最短で結果を出すサポート
カメラレンタル料
550
無料体験
あり
1hあたりの授業料
記載なし

電話で問合せる

*電話調査により確認済み
「オンライン 家庭教師」でGoogle検索上位30社のうち、「⼿元カメラを使った指導」「チャットによるフォロー」に対応したオンライン家庭教師3社を選定(2021年6⽉25日調査時点)

【目的別】おすすめオンライン家庭教師3選

家庭教師の銀河

強み

先生からの連絡で
進捗確認

カメラレンタル料

無料

無料体験

あり

公式HPで無料体験授業をチェック

メガスタ

強み

英検・漢検も
フォロー

カメラレンタル料

1,078円

無料体験

なし

公式HPでお試し授業をチェック

マナリンク

強み

先生を
自分で選べる

カメラレンタル料

550円

無料体験

あり

公式HPで無料体験授業をチェック